中日教育交流推進センターについて
提供する価値、サービス
中日教育交流推進センターの事業内容
 

中日教育交流推進センターの事業内容

現在、当センターでは、日本の大学、専門学校、日本語学校に向けて次のようなサービスを提供しております。

  1. 当センターのサイトjstudy.org(http://www.jstudy.org/)を通じ、貴校の学校・生徒募集の情報を掲載
    • 中国現地での知名度向上(貴校の特徴や実績を正確に伝え、差別化をはかる)
    • 留学生候補者数(母集団)を担保する
    • ターゲットDM(Web−DM)を利用し、よりセグメントされた候補者を確保する
  2. 貴校が中国現地で実施する学生募集、説明会を企画・運営、学生選抜、ビザ申請等を代行致します
  3. 貴校の委託を受け、当センターが中国の協定大学校内で運営する日本語教育基地の生徒で、貴校への留学・就学希望者を育成、ご紹介差上げます
  4. 貴校の中国語版ホームページを作成、中国国内でのSEO対策等、Webプロモーションをサポート致します
  5. 貴校と中国各教育機関との協定、姉妹校の協定、共同研究、教授・講師の派遣交流、交換留学などの協定締結や契約締結のコンサルテーション、実務サポートを実施致します
  6. 貴校の中国国内での現地事務所設立にかかわる、政府関係との交渉、スタッフ募集と配置等のサービスを提供致します
  7. 貴校の教授・講師、事務局スタッフや学生が中国への短・長期留学、中国語研修で現地生活される際、留学先の選定から滞在中の生活支援までエスカレーター式のサービスを提供致します
  8. 中国へ帰国後の就職に関する相談、情報提供を実施致します また日本人の中国への就職、中国への転職もサポート致します

中日教育交流推進センターに関して(補足)

■瀋陽立得爾人才教育諮詢公司とナレッジ&ワークス
中日教育交流推進センターの母体である、瀋陽立得爾人才教育諮詢は、2003年に設立以来、日本を始め米国、英国、カナダ、オーストラリア各国の公立大学・私立大学への留学(主に大学院)を希望する学生や、各国間で提携を結びたい大学へのコンサルテーションを実施してまいりました。
中国の国家重点大学は勿論のこと、日本では日本国際教育大学連合大学(私立大学12校、国立大学3校)を始め、専門学校との実績を積んでまいりました。また、株式会社ナレッジ&ワークスは、2005年に設立、主に留学生や日本での就職を希望するアジア圏の大学生への就職指導と実際の企業紹介(大手日本企業、外資系企業他)を実施しています。役員・社員、パートナー企業が全員、リクルートグループのOBであり、代表取締役/ 堤英俊も23年間、リクルート社にて企業の人財採用・教育研修・人事制度の構築等のお手伝いを経て、リクルートグループ内の役員を経験後、独立をしております。
留学(入口)から、就職(出口)までの、一気通貫のサポートを目指して行きたいと考えております。
■Jstudyの名称に関して
留学情報誌とWebサイトで老舗のJstudyは、アジア情報開発株式会社(=ACD)が商標登録(一部地域申請中)する、留学生には馴染みの深いブランドです。
中日教育交流推進センターは、2009年1月にアジア情報開発株式会社の許可を得、その事業の一環として中国大陸での留学情報提供サービスを企画いたしました。台湾・韓国・タイの各国で既に培われ来た、そのブランドバリューに相応しいサービスを、提供して行きたいと考えています。

株式会社ナレッジ&ワークス
〒105-0004 東京都港区新橋5-7-13 ビュロー新橋802号室 / TEL:03-5733-1886 FAX:03-5733-2286